Concept
コンセプト
Concept

ウイルスや細菌への対策として有効です

弱酸性領域で生成された次亜塩素酸水であるセラ水は、人体やペットに無害であることや肌に優しいことから、ご家庭、福祉施設や病院、教育機関や飲食店などのハイレベルな衛生管理が求められる場所で活用されています。高い除菌消臭効果を、ぜひご自身でご体験いただきたいと願い、全国へ販売しています。

希釈の必要がないストレートタイプ

厚生労働省が定めている「次亜塩素酸水」とは、「食塩水や塩酸を電気分解することによって作られる、次亜塩素酸を主成分とする水溶液」のことです。製法やpH値、有効塩素濃度についてもきっちりと定められており、それぞれの数値に応じて強酸性・弱酸性・微酸性の3つに分類されていますが、セラ水は非電解で生成される弱酸性の次亜塩素酸水です。

濃度が安定していることから希釈の必要がないストレートタイプとして長期保存や持ち運びが容易で、生活のあらゆるシーンにおいて安心して利用できるという最大の特長が口コミで広まり、全国各地の皆様から多くのご注文やお問い合わせをいただいています。

pH値や有効塩素濃度も安全・安定

人体には、小さなケガをした際に細菌感染しないように防御する機能があらかじめ備わっていますが、それは血液中の白血球が次亜塩素酸や活性酸素を生成しているからです。次亜塩素酸は体内の生成物質であり、血液は常にpH値が±0.05の範囲内で調節されています。セラ水は、pH値6.5±0.05の極めて狭い範囲の中で安定した生成を可能にする独自の特許技術で作られているため、人体の構造に調和した安全な製品であると言えます。

有効塩素濃度についても、安全な数値である50ppmで生成されていますので、万が一誤って飲み込んだとしても害がなく、歯科医院における口腔洗浄にも使用されています。

分解速度が遅く防災備蓄にも効果

次亜塩素酸水の生成方法には、食塩水を電気分解する電解水、電解ではなく次亜塩素酸ナトリウムと希塩酸といった薬液を希釈混合して生成する非電解、さらには緩衝法などの方法が用いられています。いずれも次亜塩素酸水としての効果や効能には大きな差はありませんが、効果性が失われるまでのスピードである分解速度に大きな違いが生まれます。

非電解のセラ水は分解速度が遅く長期保存ができるため、タンクやスプレーボトルなどで持ち運びができ、保育園や福祉施設、病院、行政や地区自治会における防災備蓄といった幅広い場所で導入が進められています。

「もっと手軽に除菌消臭ができたらよいのに」「家族を守るために、本当に安全で信頼できるものだけを選びたい」といった願いにお応えできるのは、弱酸性次亜塩素酸水のセラ水です。独自の特許技術を用いて、普通の飲料水と次亜塩素酸ナトリウム、希塩酸を希釈混合することによって、高い安全性や効果性、安定性を実現しており、全国のご家庭や教育機関、福祉施設や病院、飲食店などで利用されています。

新型コロナウイルス感染症の脅威が収まらない社会にあって、安い価格で大きな安心をご実感いただける弱酸性次亜塩素酸水を全国へ販売しています。